top of page

インドでの事業展開のしやすさ


世界銀行は毎年、自国でのビジネスのしやすさを基準に、世界各国のランキングを発表しています。このランキングは、産業界で重要な役割を果たしている10の要素について達成されたスコアを合計して割り当てられています。ビジネスを行う上でより具体的な規制があり、財産権の保護がしっかりしている国が上位にランキングされています。世界銀行が発表した「Doing Business 2020」レポートによると、インドは2019年に63位と17ランクアップし、現在もその順位を維持しています。インドは、2018年の77位から2019年に63位と14ランクアップし、2017年には100位だった。


ランク付けに考慮された側面は以下の通りです


1. 事業の開始

2. 資産の登録

3. 契約の締結

4. 建設許可への対応

5. 税金の納付

6. ソルベンシーの解消


インドの躍進を支えた主な改革は、以下の通りです

  

・1つのフォームを導入することで、2日以内にビジネスを設立することができます

・GST、e-assessments、e-paymentsの導入によるいくつかのプロセスのデジタル 化。

・e-platformによるカスタム承認の迅速化は、国境を越えた取引の円滑化に貢献して います。

・建設許可を迅速に取得するための単一のオンライン窓口。

・投資家のKYC基準の合理化・簡素化。

・財産記録のデジタル化。

・企業の紛争や倒産を整理するための新法が導入されました。

・軽減税率は、年間売上高がINR.250crores以下の企業に対して25%となっていま す。

閲覧数:8回0件のコメント

Kommentare


bottom of page