top of page

インドにおける外国貢献(規制)

更新日:2022年8月12日



FCRAとは? 外国人献金規制法 (FCRA) は、1976 年に最初に制定され、その後2010年に改正されました。FCRAは、外国からの寄付を受け取ることを想定するすべての団体、グループ、および NGO に適用されます。この法律は、海外からの寄付が国内の安全保障に悪影響を及ぼさないようにすることを目的としています。海外からの資金提供を希望するすべてのNGOは、FCRA に基づきMHAに登録しなければなりません。登録されたNGOは、社会的、教育的、宗教的、経済的、文化的なプログラムのために外国からの寄付を受けることができます。最初の登録は5年間有効であり、NGOがすべての規範を遵守する場合、その後更新することができます。登録されたすべてのNGOは、所得税に準じた年次申告を行う必要があります。2015 年以来、NGO は、外国からの資金を受け入れても、インドの主権、誠実さ、他国との友好関係に悪影響を及ぼさないことを証明することが求められています。


誰が外国からの寄付を受けることが出来ますか? 文化的、経済的、教育的、宗教的、社会的なプログラムを持っている人は、中央政府に登録するか、事前に許可を得れば、外国からの寄付を受けることができます。


FCRA によるとどのような人が海外からの寄付を受け取ることができないのですか? 次のような人は、外国からの寄付を受け取ることが出来ません。

· 選挙の候補者

· メディア企業やメディア関係者

· 裁判官、公務員

· 国会議員

· 政党または政治的性質の組織

[注 - 2017年、MHAは財政法案ルートを通じて、1976年に廃止された FCRA 法を改正し、外国企業のインド子会社またはインド人が50%以上の株式を保有する外国企業から、政党が資金を受け取る道を開いた。]


外国人参政権を得るにはどうしたらよいですか? 上記で述べたように、2つの方法があります。1つは、中央政府からFCRAに基づく事前許可を取得することにより、特定のソースから特定の金額を登録する方法、もう1つは、通常の登録、つまり中央政府へ登録する方法です。


中央政府からの事前許可: 3つの基準があります。

· 特定の活動やプロジェクトを実施するために、特定の寄付者から特定の金額を受け取るこ

とと引き換えに提供される

· 1860年社会団体登録法、2013年会社法第8条などの法令に基づき登録された団体である

こと

· 海外の寄付者からのコミットメントレターが必要で、正確な金額と寄付の目的を概説する

必要がある


中央政府への登録: 3つの基準があります。

· 団体は、1860年の社会団体登録法や2013年の会社法第8条のような

法令の下で登録され

ている必要がある

· 少なくとも3年間存在し、過去3年間に明確な文化的、経済的、宗教的

プログラムのために

少なくとも15万ルピーを費やしている必要がある

· いかなる犯罪に対しても有罪判決を受けたり、法的措置の対象となっ

たりしたことがないこと


応募方法

申請には以下の手続きが必要です:

· FC-3A(登録用) とFC-3B(事前許可用) をオンラインで提出する必要がある

· 登録には 10,000ルピー、事前許可には5,000ルピーの費用が必要

· SBIのFCRA銀行口座、AADHAR番号、DARPAN IDの取得が必要

この登録は5年間有効であり、最初の有効期間が終了する前にフォームFC-3Cで更新することができます。



登録が停止または取り消されるのはどのような場合ですか?

· MHAが協会の機能に対して不利な意見を受け取った場合、MHAは検

査を行い、当初180日間 FCRA登録を停止することができる

· 協会は、最終決定まで新たな寄付の受け入れや、MHAの承認なしに指

定銀行口座の利用可能資金の25%以上を支出することが禁止される

· MHAは、組織または団体の登録を取り消す権利を持っており、取り消した日から3年間は、登録や「事前許可」の取得が出来なくなる


結論 以上のように、海外からの寄付が国内の安全保障に悪影響を及ぼさないようにするため、また、海外からの寄付の受領と使用における透明性と説明責任を高めるために、規制が導入されました。


しかし、法律が多すぎると、その国のNGOは効果的に活動出来ないかもしれません。海外からの寄付金規制は、グローバルなレベルでコミュニティを機能させるために必要な、国境を越えた資源の共有に影響を及ぼすべきではありません。



Itseki Mercurius Indiaでは、戦略立案、後継者育成、組織開発、組織変更管理、ファシリテーションなど、様々な分野でクライアントをサポートしています。インドにおける外国貢献 (規制)についてご質問・ご相談は、ご連絡ください。

閲覧数:3回0件のコメント

Commentaires


bottom of page