top of page

インドにおける ESOP の課税方法について

更新日:2022年9月28日



ESOPとは、会社の従業員がその会社への献身的なサービスの見返りとして、将来の日付で事前に決定された価格でその会社の株式を購入することができるオプションを指します。従業員が株式を購入する権利を行使するには、一定期間待たなければなりません。この期間は権利確定期間と呼ばれます。


これは、多くの組織で実践されているインセンティブ・システムとして頻繁に使用されています。主にスタートアップ企業で使用されています。給与の一部としてESOPsを与えることによって、会社に対する長期的なコミットメントを確保することで、仕事に優れた従業員に報酬を与えることは、組織の間で一般的な慣行です。


ESOPは通常、企業の株式の市場価格よりも低い価格で提供されます。現在、ほとんどの企業が ESOP を従業員のCTCの一部としているため、インドにおけるESOPの課税を理解することが不可欠です。従業員の大半は、ESOP株が売却された場合、税金は既に差し引かれているため、税金を支払う必要はないと考えています。


ESOP の課税対象

インド所得税法第17条(2) (vi) と第49条(2AA)の改正により、ESOPの課税は 2 度行われることになりました。

· まず、従業員が株式を取得する権利を行使した場合、それは報酬として扱われます。従業員が自分のオプションを行使すると、つまり株式を購入したい場合、その株式は従業員のデマット口座に振り込まれます。行使価格(EP)が割当日の公正市場価値(FMV)より低い場合、公正市場価値と行使価格の差額が報酬として扱われ、課税されます。この場合、Form16やForm12Bに反映され、給与所得として確定申告を行うことになります


· 第二に、従業員が株式を売却した場合、この売却による収益はキャピタルゲインとして扱われます。会社がインドの証券取引所に上場しており、従業員が株式を12か月以上保有している場合は、長期キャピタルゲインと見なされ、最新の税法に基づき10%の課税が行われます。株式の保有期間が12か月未満の場合、短期キャピタルゲインとみなされ、15%が課税されます。


最近では、新興企業や証券取引所に上場していない未上場企業も、従業員にESOPを割り当てています。これらの株式は、権利行使日から24か月以内であれば、短期資産と見なされます。24か月以上保有し、その後売却する場合は、長期資産と見なされます。


24か月未満で株式を売却する場合、所得は課税対象の給与に加算され、それぞれの税率に従って課税されることになります。24か月以降に株式を売却する場合は、長期キャピタルゲインとみなされ、原価を指数化したうえで20%が課税されます。

株式を所有することは良いことですが、税金への影響を考慮したうえで、手元に残る受取額がいくらになるかを知っておくことも重要です。この点については、ESOP課税の専門家である弊社の税理士がご案内します。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Коментарі


bottom of page