top of page

インドにリエゾンオフィスを設立

更新日:2022年8月12日



インドへの参入を検討している企業や投資家は、インドでのビジネスプレゼンスを確立するための投資や手段を的確に検討する必要があります。インド市場を探索し、ビジネスや投資環境を理解するために、リエゾンオフィスは、企業がビジネスを行うことを許可せず、ただ市場にいてインド市場を理解し、研究開発活動を行い、企業の既存顧客の問題を理解して彼らによりよくサービスを提供するために存在するものです。他の事業形態と比較して、リエゾンオフィスは、財務、法務、管理面での負担を抑えながら、外国企業がインドで軽い足跡を残すことを可能にします。


リエゾンオフィスの一般的な機能

· インドリエゾンオフィスの名称は親会社と同じとする

· リエゾンオフィスの統治機関はインド準備銀行である

· インドに一時的なオフィスを設置し、インドのクライアントと既存のビジネスのリエゾン

を行うことを検討している外国企業に適している

· リエゾンオフィスは所有権を持たず、あくまで外国にある会社の延長線上にある

· そのようなオフィスの経費は、全てインド国外にある本社からの外国の対内送金で賄われ

なければならない

· リエゾンオフィスのライセンスは3年間で、3年ごとに更新されるリエゾンオフィスに許可

された活動

· 親会社・グループ会社のインドにおける代理人業務

· インドからの、またはインドへの輸出入の促進

· 親会社・グループ会社とインド国内企業との技術的・財政的での協力の促進

· 市場機会、供給源に関する情報収集、親会社とその製品に関する情報をインドの見込み客

に提供、またはその逆をベンダーに提供する

· 親会社とインド企業間のコミュニケーションチャネルとしての役割

リエゾンオフィスの活動の制限

· リエゾンオフィスは、直接的、間接的を問わず、商業、貿易、産業活動を行うことは許可

されていないため、インドで収入を得ることができない

· リエゾンオフィスはお金を借りたり貸したりすることはできない

· RBIの事前承認なしに、インドの不動産を取得、保有(5年を超えない期間でのリースを

除く)、譲渡または処分することはできない


規制当局

· 外国為替管理法(FEMA)は 、インドにリエゾンオフィスまたは支店を設立する際の申請

と承認プロセスを規定する

· 同法に基づき、外国企業はインド準備銀行(RBI)の外国為替局から、インドにリエゾン

オフィスを設立する許可を取得している

· 外国の保険会社は、保険規制開発局(IRDA)の許可を得て、インドにリエゾンオフィス

を設置することができる

· 外国銀行は、RBIの銀行規制局(DBR)の承認を得た場合にのみ、インドにリエゾンオフ

ィスを設立することができる

· 外資系銀行がインドにリエゾンオフィスを設立する場合は、フォームFNC Annex-1(イ

ンドの支店、リエゾンオフィスの設立申請書)を提出する必要がある


投資ルート これらの企業からの申請は、RBIによって2つのルートで検討されます。

· RBIルート–外国企業の主要事業が、自動ルートで100%のFDIが許可されるセクターに

該当する 場合

· 政府ルート–外国企業の主要事業が、自動ルートでは100%のFDIが許可されていないセ

クターに該当する 場合。このカテゴリーに該当する企業や非政府組織からの申請は、RBI

がインド政府財務省との協議のもとで検討する


承認プロセスは通常20〜24週間かかり、リエゾンオフィスの運営許可は3年間付与され、後日延長することができます(最大3年間延長可能)。


リエゾンオフィス設置の条件 企業は、リエゾンオフィスを設置の資格を得る前に、以下の条件も満たさなければなりません。

· 本国において3年間の収益性のある事業実績があること

· 監査済みの直近の貸借対照表または損益計算書によって確認される、最低50,000米ドル

の純資産を有すること


これらの要件を満たさない会社でも、条件を満たす会社の子会社であれば、親会社が子会社に代わって、 付属書2 に従って、Letter of Comfortを提出することができます。


リエゾンオフィス設立のプロセスを開始するために必要な書類

法人設立証明書、覚書および定款(MOAとAOA)、親会社の最新の監査済み貸借対照表のコピーが必要です。

また、リエゾンオフィスは、所得税部門からPAN(納税者番号)を取得し、RBIからUIN(一意の識別番号)を取得する必要があります。登録申請書は、指定されたADカテゴリー銀行からRBIに転送されなければなりません。


リエゾンオフィスは、設立後30日以内に、企業省のオンラインポータルを通じて企業登録局(RoC)に登録する必要があります。その際、以下の書類が必要です。


リエゾンオフィス憲章または英語版覚書と定款の公証・アポスティーユされたコピー

· インド国外にある企業の主たる事業所の住所

· インドのリエゾンオフィスの名前と住所

· 取締役のリスト

· インドに拠点を置く会社の正式な代表者の氏名と住所(企業に提供される通知や書類の引

き渡しを受ける権限を持つ者)

コンプライアンスと別のビジネス構造への転換

· 毎年、リエゾンオフィスは、公認会計士が作成した年次活動証明書 (AAC)をRBIに提

出し、事務所の活動が定款の範囲内にあることを証明しなければならない(付録-3)。

· 会計年度終了後60日以内に、所得税総局にもAACを提出する必要がある

· もしリエゾンオフィスがインドで複数の銀行口座を開設したい場合は、ADカテゴリー銀

行を通じて、追加口座の理由を正当化するRBIの許可を事前に取得しなければならない

· リエゾンオフィスは、銀行口座がBO口座に指定されると、ブランチオフィス(BO)構造

にアップグレードすることができ る。この場合、新しいPANは必要ない



インドでのリエゾンオフィス設置に際してサポートが必要な場合は、Itseki Mercurius Indiaにお問い合わせください。

閲覧数:15回0件のコメント

Comments


bottom of page