top of page

インドの労働法

更新日:2022年9月28日




インドでは、国内の労働を規制する数多くの法律があり、高度な労働者保護とそれに関連するルールの管理を確実に行っています。このブログでは、制度の適切な運用を確保するために、様々な組織で最も一般的かつ重要な2つのファンドの基本的な紹介と適用について説明します。これらは、従業員国家保険(ESI)と従業員積立基金(EPF)の2つの制度です。ESIは、インドの従業員が、従業員と雇用主から拠出される自己資金と医療保険基金を通じて利益を得るための拠出型基金です。この制度は、1948年に制定されたインドESI法に基づく規則に従って管理および運営されています。現在(2019年7月1日より)、従業員の拠出率は賃金の0.75%であり、雇用者の拠出率は各賃金期間に従業員に関して支払われた/支払われるべき賃金の3.25%となっています。 ESI制度では、最初の拠出期間(4月から9月)において、従業員の総給与が6月に18,000インドルピー(ESI限度額である21,000インドルピー以下)から25,000インドルピー(限度額以上)に増えた場合、ESI拠出期間の終わりである9月まで、増えた給与総額、つまり25,000インドルピーに対して控除が継続されることになっています。 ただし、6か月の拠出期間が終了し、従業員の給与がESI限度額内でなくなった場合、それ以上の控除はありません。


PF控除に関する法定コンプライアンスの必要性 EPFもESIと同様に、従業員と雇用主の双方が、従業員の給与の12%(最低15,000インドルピー)をPF控除のために拠出することになっています。従業員はそれ以上の金額を拠出することができますが、雇用主の上限は1,800pm(つまり、15,000インドルピーの12%)に固定されています。PFには雇用者負担分と被雇用者負担分があり、雇用者負担分の8.33%は直接EPFに、残りの3.67%はEPS(従業員年金制度)の拠出に充てられます。ただし、従業員負担分はそのままEPFに入ります。


EPFとESIの支払について ESIとEPFの保険料の支払期限は、翌月の15日です。両法律の支払いは、オンラインモードを介してEPFとESIポータルサイトから簡単に作成できるそれぞれのシャランを使用して行うことができます。ただし、支払いが遅れた場合は、利息とペナルティが課されます。


EPFとESIの引き出し 従業員のEPF口座に蓄積された金額は、従業員が退職しているか、または彼の雇用から2か月以上の期間の官報官によって認定された失業者であることを条件として撤回することができます。引き出しのために必要な情報は、登録時に提供されたUAN(ユニバーサルアカウント番号)のみで、従業員の要件に応じてEPFポータルの指示に従って操作することができます。 ただし、ESI基金への拠出は、国内のさまざまな地域に開設されている診療所を通じて、医療給付としてのみ利用することができます。


EPFの利息 EPF残高も、利息収入の対象となります。ただし、金利は、財務省との協議を経て、EPFOの中央評議委員会によって毎年見直されます。2018-19年度については、EPF残高の金利は、2017-18年度の8.55%から8.65%に引き上げられました。従業員が退職するまでEPFの利息には税金がかかりませんが、その後EPF口座に残高を保持し、通常の税率で利息を得た場合、従業員の手元に課税されることに言及するのは好都合でしょう。


EPFとESIの申請、登録、計算、チャランの作成、各ポータルサイトでの月次支払いに関するガイダンスなど、両基金のサポートが可能です。


また、インドでのビジネスの立ち上げ、会計、簿記、給与計算、監査、税務、秘書業務、商標登録、ビジネス構造化、アドバイザリーサービスのお手伝いもいたします。この点に関してサポートが必要な場合は、 こちらをクリックしてください。




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page