top of page

インドの非課税債券

更新日:2022年9月28日



免税債券とは、政府が建設プロジェクトや鉄道プロジェクトなどの長期プロジェクトのための資金を調達するために発行する金融商品です。非課税債券のスキームでは、政府は投資家から資金を調達し、毎年利息を付与します。個人投資家も非課税債のスキームに投資することができます。


このような非課税債券の例としては、インド高速道路公社、インド鉄道、金融公社、農村電化公社債券などがあります。


非課税債券のメリット

・金利が高い

国が発行する固定金利の非課税債券。これらの非課税債券は、一般的に高金利(約7~

8%)です。

・低い債務不履行リスク

国が発行する債券なので、投資家のデフォルトリスクは少ない。

・利息の免除

この債券は全額非課税、つまり100%非課税です。そのため、この非課税債券から得られ

る利息は非課税となります。

・利子に対するTDSの控除なし

これらの非課税債券から得られる利息収入は、同法により免除されているため、TDSは

控除されません。


非課税債券のデメリット


・ハイロックイン期間

これらの債券は、政府が長期プロジェクトの資金調達のために発行するものであるため、

投資資金のロックイン期間も10年から20年と長くなります。

・流動性の問題

これらの債券への投資額のロックイン期間が高いため、投資家はロックイン期間中に投資

額を引き出すことができず、流動性の問題が発生します。そのため、投資家はロックイン

期間が終了するまで資金を受け取ることができません。

・負債証券

この種の債券は負債性商品であり、株式性商品のようなメリットはありません。これらの

債券は、投資市場でのリスクに耐えられない投資家のためのものです。


非課税債券への投資の手続き

これらの債券は、NSE/BSEなどの証券取引所で取引されています。投資家は誰でも、自分のデマットアカウントを通じて証券取引所でこれらの債券を購入または売却することができます。株式を購入するのと同じように、証券取引所で債券を購入することができます。また、PANカードやAadharカードなどの必要書類を提出することで、オフラインの現物取引で債券を購入することもできます。


どのような人が非課税債券に投資すべきか?

非課税債券は、高齢者のような固定収入を求める投資家にとっては最適な選択肢です。政府系企業が発行する債券は、一般的に発行期間が長いため、債務不履行リスクが非常に低くなっています。そのため、10年以上の長期にわたって固定収入を得ることができます。政府系企業は、これらの債券を発行して集めた資金をインフラや住宅プロジェクトに投資します。したがって、非課税債券は、最高税率に該当する投資家にとって適切な選択肢となります。


よく見かける非課税債とは?

多くの公共事業が非課税の債券を発行しています。インド高速道路公団、NTPC Limited(電力会社)、インド鉄道、農村電化公社などが代表的なものです。その他、住宅都市開発公社、インド再生可能エネルギー開発庁、農村電化公社、電力金融公社などがあります。


非課税債券の償還

非課税債券の償還は、保有期間を終えていれば比較的簡単な手続きで済む。ただし、10~20年前に債券を引き出すことはできず、他の投資家と一緒に他の証券取引所で売買することになります。


Itseki Mercurius Indiaでは、お客様に適切なサポートとガイダンスを提供することで、所得税評価、TDS申告、ITR申告、税務顧問など、様々な所得税コンプライアンスをサポートしています。インドの非課税債券についてご質問や詳細をお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page