top of page

外国企業がインドで新会社を設立するにはどうすればよいですか?



インドは世界で最も急速に成長している経済国のひとつであり、膨大な人的資源と12億人以上の人々からなる大規模な市場を有しています。インドへの外国直接投資の額は年々増加し、インドで事業を開始する外国企業の数が増えています。この記事では、インドで事業を立ち上げる方法について、外国企業のために詳しく説明します。


有限責任会社の設立は、外国人や外国企業にとって最も簡単で最速のインド進出戦略です。民間有限会社や有限会社に対する100%までの外国直接投資は、中央政府の許可を必要としない自動ルートが適用されます。したがって、外国企業の100%子会社として有限会社を設立したり、ジョイントベンチャーを設立したりすることは、外国企業や外国人にとって、最も安価で、最も簡単で、最も早いインドへの参入方法となります。


インドで会社登記にかかる費用

インドでの会社登記にかかる費用は比較的安価です。また、インドでの会社登記は数週間で完了するため、インドでの起業は容易です。


インドでの会社登記に必要な必須書類 インドで会社を登録するためには、外国人はパスポートのコピーと住所証明 (運転免許証、銀行取引明細書など) を提出する必要があります。


また、原本は本国の公証人、もしくは外国人取締役の所属する国のインド大使館で公証を受ける必要があります。


法人がインド法人の株主になる場合、外国法人の取締役会決議により、インド法人への投資を承認している必要があります。


取締役会決議には、外国会社の設立証明書の公証されたコピーを添付する必要があります。

なお、インド法人設立時に外国人取締役の立ち会いは義務付けられていません。このように、外国人はインドに渡航することなく、インドでビジネスを設立し、運営することができる柔軟性を持っています。

閲覧数:6回0件のコメント

Comentários


bottom of page