top of page

外国法人のための年次実績報告書とは



はじめに


外国為替管理法(Foreign Exchange Management Act:FEMA)とは、外国為替取引、投資、決済を規制するインドの重要な法律です。

これは国際的な金融取引の様々な側面を包含しており、企業には年次実績報告書(ANNUAL PERFORMANCE REPORT:APR)の提出が義務付けられています。従来の外国為替規制法に代わって1999年に導入されたもので、対外貿易・決済を円滑化し、インドの外国為替市場の秩序ある発展と維持を促進することを目的としています。

この記事では、APR報告書の重要性、頻度、提出期限、罰則、監査済み財務諸表との関係、およびこの要件に影響を与える最近の改正について説明していきます。


年次実績報告書(APR)の理解


年次実績報告書(APR)は、FEMAのもと、外国投資を監視・規制し、FEMA規制の遵守を確保するために要求される重要な文書です。これは基本的に、外国人投資家に対して会社の財務および経営成績の詳細を提供するための包括的な報告書となります。


年次実績報告書の主な内容



  1. 税務申告の必要性: インド居住者である個人および非居住者である個人(両方)がインド国外でジョイントベンチャー(JV)、完全子会社(Wholly Owned Subsidiary:WOS)に投資する場合、インド国外での投資が義務付けられています。

  2. 提出頻度と提出期限: APRは毎年提出しなければなりません。APRの提出期限は毎年12月31日となっています。毎年12月31日までのAPR未提出はFEMA違反として扱われ、海外直接投資規則に基づく遅延提出料(LSF)が適用されます。

  3. APRの内容 :年次実績報告書には、以下を含む様々な財務および業務に関する詳細が記載されています:

  • 監査された財務諸表: これには貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書が含まれ、すべてインド会計基準(Ind AS)またはインドの一般に公正妥当と認められた会計原則(GAAP)に準拠して作成されています。                                     

  • 外国投資の詳細: 海外資金の流入・流出、直接投資のセクター別配分、海外子会社や合弁事業の詳細、資金の本国送金に関する情報となります。

  • FEMA規則の遵守: 外国投資、セクター別上限、投資ルートに関するFEMAの規定および規制の遵守の確認。

 4. 提出プロセス: APRはオフラインで提出しなければなりません。

   報告主体は、提供された情報の正確性と完全性を確保する責任を負うものと

します。

5. コンプライアンス違反に対する罰則 :APRの提出を遵守しなかったり、不

   正確な情報を提供したりした場合、RBIや執行総局による罰則や強制措置が

   とられる可能性があります。ODI Part-II/APRの提出遅延料は7,500イン     

    ドルピーです。

   


外国法人の監査済み財務諸表



2022年の外国為替管理(海外投資)規則の改正により、インド人投資家は、10%以上の支配権および株式保有を有する外国企業の監査済み財務諸表に基づくAPRの提出が義務付けられました。


これはAPRが、インド企業の監査法人または公認会計士によって認証された監査を受けていない財務諸表に基づくことが可能だった従来の要件からの大きな変更となります。インド人居住者が支配権を有する場合、たとえ受入国が監査を義務付けていなくても、監査が必要となることに留意することが重要です。


この改正は、海外投資活動が正確かつ透明に報告され、インド人投資家による外国為替の違反や不正使用がないことを保証することを目的としています。


まとめ


外国人管理法と年次実績報告書は、外国投資のためのバランスの取れた透明性の高い環境を作るために連携して機能しています。外国投資を規制し、そのパフォーマンスを毎年評価することで、各国はそれぞれの国益を守りながら経済成長を促進する投資を誘致することが可能となります。


APRは、外国投資を監視し、将来の政策や規制調整について十分な情報に基づいた決定を下すために不可欠なツールであり、外国投資が有意義な形でホスト国に利益をもたらすことを保証するためのものです。監視の目が厳しくなり、説明責任が求められる時代にあって、APRは透明性と公開性の標識としての機能を果たしているのです。

Comments


bottom of page