top of page

第194R条:事業上の報酬または利益に対する課税控除




はじめに


194R条に基づくTDS(Tax Deducted at Source:源泉所得税) は、2022

年連邦予算で導入され、2022年7月1日より有効となりました。第194R条は、事業や職業から報酬やその他の非金銭的な利益を受け取った場合の脱税を回避するために導入されました。

この条項が導入される以前は、1961年所得税法の規定に基づき、代理店やチャネル・パートナーに提供した利益や贈与に対して経費を請求することで、所得を操作していました。


適用範囲


現金、現物、または現金と現物の一部で、事業や職業から贈与、報酬、報奨金、その他の金銭的または非金銭的な利益を受け、それらの利益や報酬の価値が、会計年度中に1人の受給者に対して2万ルピーを超える居住者となります。


194R条に基づきTDSを控除する義務があるのは誰か?




代理店、チャネルパートナー、ディーラー、販売代理店、その他いかなる人物に対しても利益や報酬を与える事業や職業は、そのような贈与や報酬の金銭的価値が会計年度中に2万ルピーを超える場合、TDS@10%を控除しなければなりません。


そのような手当や報酬を提供する者は支給する前に、そのような手当に関してTDSが控除され、支払われていることを確認しなければなりません。

この債務は、以下のいずれかの方法で免除することができます:


  1. 受取人が支払人にTDSを清算するために現金を渡し、支払人がその金額を入金した場合;

  2. 控除者は、純額を増額するか、自己負担で納税することができる;

  3. 受給者にクレジット残高がある場合、支払者はTDSを控除し、純額を受給者に支払うことができる。


適用外


  1. 個人/HUF( Hindu Undivided Family:ヒンドゥー合同家族)は、直前の会計年度の総売上高が、専門職の場合は500万ルピー、事業の場合は1千万ルピーを超えない場合、194R条にて定めるTDSを控除する必要はない。

  2. 取引関係がない場合、TDSは控除されない。

  3. 受給者が非居住者である場合、第194R条により税金は控除されない。

  4. TDSは、雇用主から給付金を受け取っている従業員には適用されない。

最後に


第194R条 - (事業または職業に関する利益または報酬に対する税額控除) 1961年所得税法

支払の内容 - 現金または現物で、あるいは一部が現金で、一部が現物で提供される役得、贈与、利益。

控除限度額 - 各受領者に対する当該会計年度中の₹ 20,000 を超える額

TDS税率 - 10%

控除対象者 - 売上高が1000万ルピーを超える個人(個人/HUF を除く)および個人/HUF、または営業収入が500万円を超える個人/HUF(居住者/非居住者を問わない)。




閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page