top of page

雇用を与えれば与えるほど利益が増える - 第80JJAA条

バックドロップ


インドにおける雇用を促進するため、インド政府は1961年所得税法(以下「法」)第 80JJAA 条を導入しました。この規定は、主に雇用者に対する控除を通じて雇用を促進するために導入されました。従って、同条項は求職者と雇用創出者の双方にインセンティブを与えるものということになります。


所得税に関しては、様々な改正が行われています。現在、法第80JJAA条に基づく控除は、法第44AB条に基づく会計監査が義務付けられており、総所得金額に事業からの利益と利得が含まれる全ての納税者に適用されることになっています。


第80JJAA条の解釈


サブセクション(1)で説明されている法第80条JJAAで認められている控除の適用範囲と控除額は以下の通りです:


  • 法第 44AB 条に基づく税務調査の対象であること。

  • 事業から生じる利益や利得があること。つまり、この特典は、職業から収入を得ている納税者には適用されない。

  • 控除額は、雇用が開始された年から3年間に渡り、前年度に発生した追加従業員経費の30%となる。


第(2)項では、まず、80JJAAが適用されないケースを挙げています。従って、以下のような場合には、80JJAA条による控除は認められません:


  • 既存の事業を分割または再構築して新しい事業を設立する。33B 項に規定された状況及び期間内において、事業が再確立、再構築、又は復活した場合、法第 80JJAA 項に規定された特典を受けることができる。

  • 事業が譲渡または事業再編の結果として取得された場合。

  • 当該会計年度の税務調査報告書を提出する前に、Form 10DAによる報告書が提出されなかった場合。


さらに、法第80条JJAA項の解説では、同項で使用されている用語が説明されています。本条を解釈するために、本条で使用されている以下の用語を考慮しなければなりません:


追加人件費:前年度に雇用した追加人件費。ただし、現在の事業のために追加的に従業員を雇用した場合、その費用は「ゼロ」とみなされる:


  • 従業員数については、前年度末の従業員総数に変更はない。

  • 報酬は、口座振出銀行為替手形または小切手、銀行口座に連動した電子決済システム(ECS)、その他所定の電子的方法以外の手段で支払われる。


注:事業が年度内に新たに設立された場合、前年度に雇用された従業員に対して支払われた給与または支払われるべき給与は、追加的な人件費とみなされます。

追加被雇用者とは、前年の最終日に雇用主に雇用され、その雇用によりその時点での被雇用者総数が増加した人を指します。ただし、以下の者は含まれません。


  • 被雇用者が月合計25,000インドルピー以上の給与を受け取っている場合。

  • 政府が保険料を全額負担する厚生年金に加入している従業員、または

  • 前年の勤務日数が240日未満(アパレル、履物、皮革製品事業の場合は150日)、または

  • 公認の準備基金に加入していない従業員。


また、ある従業員がその年の勤務日数が240日または150日(場合による)に満たず、翌年に240日または150日(場合による)勤務したとします。その場合、その翌年を就労初年度とみなして就労したものとみなされます。報酬とは、従業員の雇用の代わりに支払われる、または支払われるべき金額を意味しますが、以下のものは含まれません。


  • 雇用主が、従業員のために法律で定められた年金基金、準備基金、その他の基金に支払った金額。

  • 従業員が解雇、手当支給、自主退職する際に支払われる、謝礼、退職金、休暇手当、自主退職手当、年金減額などの一時金。


法第80条JJAAの解釈における疑問点


以上、1961 年所得税法に記載されている同条項について説明しました。しかし、納税者の便宜を図るため、同条項を説明した様々な判例が存在します。以下では、同条項の解釈を容易にするために、いくつかの判例を紹介致します:


・法第80JJAA条に基づく新たな控除請求は、監査手続き中に行うことができますか?

納税者は、監査手続き中に修正申告を行うことにより、(修正申告以外の方法で)法第 80JJAA条に基づく控除を請求することができます。


・所得税法第80JJAA条に基づく控除を申請する場合、所得申告書または税務調査報告書を提出する前に、フォーム 10DA を提出する必要がありますか?

所得申告書を提出する前に監査報告書を提出するという要件は、あくまでも間接的な要件であり、評価手続き中に監査報告書が提出されれば、その要件は満たされることとなります。従って、フォーム 10DAが査定手続き中に提出された場合、法第80JJAA条の遵守が行われることになります。


・従業員の総支給額が月23,000インドルピーから27,000インドルピーに増えました。その後2年間は控除対象となりますか?

同条項では、報酬が25,000インドルピー以下であることを確認する必要がある初年度にのみ制限を設けているため、今後2年間は控除の対象となります。従業員が追加被雇用者として認定されると、その被雇用者に支払われた報酬の合計が月25,000インドルピーを超えたかどうかに関わらず、3年間で控除を請求することができます。

このセクションは翌年以降に再調査されることはありません。追加的報酬の30%に相当する控除は、3年間とも認められるのです。


・法第 80JJAA 条に基づき請求された控除は、次年度以降に再審査されることはありません。初年度に申請された控除額は、次年度以降も同様です。


・会計年度中に雇用され、会計年度の3月31日に退職した従業員は、前年度末の従業員総数を増加させる効果がないため、雇用控除の対象とはなりません。


・Pradhan Mantri Rojghar Protsahan Yojanaの適用を受け、政府がESIとEPFを支払った従業員は、追加人件費の定義の対象とはなりません。


・第 80JJAA 条の規定には、その後の2会計年度における追加雇用に関する条件は明記されていません。従って、法第80JJAA 条に基づき控除を申請した従業員が2020-21年度に新たに発生し、その従業員が2021-22年度に退職した場合でも、その従業員に関する控除は考慮されるのです。このセクションでは、継続雇用については触れていません。これは未解決の項目のようで、後に法律で修正される可能性があります。


以上のような解釈の可能性を考慮すると、80JJAA 条には多くの未解決の問題があり、税務当局の訴訟の対象であると理解しています。我々は、この条項の複雑さを理解するために、様々な判例から情報を得ています。


下記のフォーム10DAをご参照ください:


結論


1961年所得税法第80条JJAAに概説されている規定は、インドにおける雇用を促進する重要なインセンティブとなっています。企業に控除を提供することで雇用創出を促進することを意図しているにもかかわらず、この条項には多くの複雑な細部や解釈が含まれており、司法の見直しが行われてきました。

したがって、この条項が提供するメリットを効果的に活用するためには、このような複雑な問題を慎重に処理し、判例や専門家の指導を仰ぐことが不可欠であると言えます。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page